◆ 「一部の」お金持ちのお金の殖やし方

さて今回は、一部のお金持ちのお金の殖やし方というわけで、今までも100%みんなが同じではなかったのに、今回だけなんであえて「一部」と書くかというと、無茶をして真似して失敗しないように!とそういう理由からです。

最初に言っておきますと、お金持ちでも現金主義、自分も会社も堅実で無借金・有利子負債なしの方も大勢います。無茶はしないとコツコツ真面目にやっている方も多い。なので今回のは「一部です」と改めて念を押します。……と書いたら今回の話がうすうす想像つく人もいそうですが。

お金の殖やし方
お金持ちほど実は貯金がないとか、あるだけ使ってしまう。――なんてことをお金持ちの傾向として言われることがあります。確かにお金持ちには「また稼げばいいから」とかってあるだけ使ってしまうザル型タイプも多いですし、それでも「使い切れない」なんて言ってるお金持ちもいます。

次々とお金が入って来て、欲しいものを買ってもまだまだあまって仕方ない。なんて言ってる人もいて羨ましい限りです。けどそういう人たちにも「私の通帳預けますから、あまった分は入れてください」というと嫌がられるので、あまって困るというのは建前なんでしょうが。←おい。

一方で良い時がずっと続くとは限りません。

波が変わって徐々に入ってくる分が減った。気づくとすっからかんになっていて、貯金もなかったから何も残らなかった。――なんて失敗例もよく聞く挫折話です。ゼロならまだマシで、多額の借金が残ったなんてパターンもあります。

流れが向いていると、気が大きくなって今の状態がずっと続くと勘違いしてしまう。なんてのは庶民でも想像がつきます。一方で「なんでその時、貯金してなかったの」と後悔しても遅いと。

で、「なんでその時に貯金しないか」というと。そこが今回のお金持ちの考え方で、なるほどと思った部分ですが――「もっと増えると思ってた」「なくなったらまた増やせばいいと思ったから」

失敗した人の場合は、増やそうと思ってもそこで流行が廃れたとか波が終わってしまって増えなかったなんてのが挫折の理由でしょうが、失敗した人もしていない人も、今増やしている人も、お金持ちの思考は「また増やせばいい」なんです。

なに今更それ?と思われそうですが、そこが庶民との差であり、ズレなんだなと思ったのはこんな感じ。

・会社で今100の売り上げがあったとして、銀行からお金を借りて3倍生産したら、売上は3倍の300になる。

・設備を倍にしたら、一度に作れる量も倍になる。


会社がよくやっている事業拡大ですが、「一部の」お金持ちの思考は常にこんななんです。仕事の面でも、自分自身に対しても。

別の言い方をすると、会社の事業拡大だったら、サラリーマンはそこに乗る側で自分で拡大しないので、成功したら「業績アップだ、わーい」、失敗したら「無茶して会社傾いた」と他人事の人が多いと思います。リスクも負わないし負いたいとも思わない。会社がやるから仕方なく見守ってる。

一方で自分の感覚が常に「よそから借りてでも収益を増やせば、入ってくるのも倍になる」的な思考の人は、先取り先取りで動くので借金したりリスクも負います。豪遊してから、頑張って稼いで取り戻せばいいとか言ってみたり、悪い意味で楽観的とか未来派思考でもあります。

不動産で成功した人の話を例にすると分かりやすいですが、こういう人は、銀行からお金を借りていくつも部屋を買って、それを担保にまたお金を借りて増やしていく。規模が大きくなるほど動く額も大きくなります。成功したら普通のサラリーマンがコツコツ稼いで貯金して家を買うくらいでは到底追いつけないくらいの資産ができるし、失敗したら普通のサラリーマンが一生かかっても返せない負債を抱えます…。

いい方だけを聞かせる不動産投資の勧誘も多いですが、普通の人はリスクを考えてやらない。せいぜいが自分の家をローンで買って、うまく行けば二回くらい乗り換えられた、そんなのが一般的なタイプでしょうか。リスクもないけど大きな成功もない。安定したタイプ。


また私は株式投資をやるので、このお金持ちの価値観の「借りてでも増やせば、入ってくるのも倍になる」というのは、いわゆるレバレッジをかけまくった状態であり、そのまんま信用取引だなと思うと同時に、これで失敗した例も(自分の損経験も含めて)たくさん知っているので、とても他人に勧められはしません。それで余計に「一部の」と何度も念を押すわけです。

そして失敗している庶民や一部のギャンブラー気質の人もこの傾向があるので、これは「お金持ちの傾向」とは言えないなとも思います。むしろこの手のお金持ちもただのギャンブラーかもしれない。


上でも書いたように、リスクがないと大きな成功もないというのも事実です。サラリーマンや普通の暮らしをしていたら、入ってくる額も予想がつきます。そこから増やすにしても安全な範囲だと限界がある。庶民が成功するにはどこかでハイリスクな思考に切り替えないと駄目。――でも失敗の可能性もあるよと。

そしてその失敗の方を意外と考えていないのがこの「一部の」お金持ち。

成功している人は、その成功体験が自信になっているのでリスクを恐れず攻められるのか、そもそもハイリスクなことをしてうまく行ったからこそ今のお金持ちがあるわけで、結局はそういう思考の人が生き残ってるだけなのか。裏にはハイリスクなことをして失敗して借金だけ残ったような大勢の人もいるんだろうなとか、考えたりもします。

そしてそういうハイリスクなことをしていると、成功は「運」だったり「波」だったりと流動的なことに気が付くので、お金持ちは自信家でも意外とゲン担ぎや信心深い人がいたりするのはそういう理由かなとも思ったりします。


今の枠の中でコツコツする考え方もあれば、なければ「借りて増やせばいい」とリスクを取っていく考え方もある。なかなか両方のいいとこ取りは難しいので偏りがちですが、上手いこと使い分けられればいいなと。やる時はやるという見極めが出来ればいいですが、まあなかなか難しい。とりあえず私は信用維持率に気を付けます…。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...