◆ お金持ちになりたくなかった

自分の代で成功しているお金持ちの話を聞いてみると、「お金持ちになりたくて」「成功したくて」なった方ばかりです。まあ正しく言うとお金持ちになりたいの後に、なって「モテたいから」とか「○○が欲しいから」とか、「親孝行したい」とか達成したいことがあったからというのが多いですが。

とにかく「絶対にお金持ちになる」という思いがあって、そのためにエネルギーを費やして、成功に漕ぎつけた、そんな人が多い。というか反対の、「なんとなくお金持ちになりたい」みたいな漠然とした感じの人は、よほど運が良くてすんなりなれた場合を除いては、途中で淘汰されてしまうんだと思います。

失敗してもまた立ち向かうには、「絶対成功する」とか「自分は天才だ」とか成功を信じ込めてないと難しい。普通の人はどこかで、「やっぱり無理だな」と挫折してしまう。恵まれた人もいるにはいるでしょうが、世の中「なんとなく」成功してお金持ちになった、なんてうまい話もなかなかないと。

お金持ちになりたくなかった
と、思っていたら、先日会ったお金持ちは「お金持ちにはなりたくなかった」と言い出したからびっくりです。「なんとなく」なりたいどころか「絶対に嫌だ」と拒否してたんだそうな。どういう事情かというと――

まずこの方は実家がお金持ちです。地方の資産家です。ズコーってコケる漫画の絵が浮かびそうですが、そういう環境だったからこそ「絶対嫌だ」ったんだそう。というのもお金持ちならではの複雑な家庭のせいです。

物心ついた時から、お父さんはお金があるから外で遊んでお母さんは泣いてばかり。親戚もみんな似た状況で、いとこたちの家も、お金はあっても家庭がギスギスしている。更に父親の会社関係の大人たちが子供の自分に頭を下げて気を遣ってくるけど、それもお金目当てと気づいてしまうと逆に子供の側が気を遣う。そんなこんなで昔から、大人の顔色をうかがってみたり、お金があることの嫌な面ばかり見てきたんだそうな。

まあこれも性格なんでしょう。大人がペコペコしてると調子に乗っていくタイプの子供もいますし、そのまま大人になってしまうパターンもよくあります。愛情よりお金があった方がいいって開き直り方もあります。

ですがこのお金持ちは、「自分は性格的にも内向的でひねくれていた」と自虐混じりに言ってましたが、派手なことも好きじゃないし、褒められてもその裏を考えてしまって喜べないタイプ。

父親の仕事絡みの人にちやほやされても嬉しくないし、親戚もみんなドロドロしている。とにかくそんな環境が嫌で、大学になったら家を出て、バイトをして学費を稼ぎ、「普通の」学生として暮らします。そして「普通に」就職して「普通に」結婚します。お金持ちの実家とは縁を切ったわけではないですが、実力でほどほどの平凡を手に入れて、平凡に暮らすことを満足していたと。

ところが勤め先が業績不振で潰れてしまいます。「普通に」生きて行こうと思ったのに無職になってしまいました。家族ともども食べて行かないとならないので就職活動して、雇ってくれたとある業種の営業マンになりました。業種も職種も初めての経験です。

そこで実家を頼る選択肢もあったのですが、やっぱり気分的に嫌だったんだそう。幸い家族もこのお金持ちを支持して、駄目ならまた再就職したらと応援してくれたので、いざ未知の世界へ飛び込みました。

「内向的でひねくれている」と自分で言っていたくらいなので、接客は得意ではありません。営業トークも苦手。それでも家族のためと必死になったおかげで契約も取れ、だんだん自信がついてきました。するとこれまで苦手だと思っていた分、すっかり営業が好きになり、またその業種も自分に合っていると心底思うようになりました。本格的にその世界で生きて行こうと決意します。

営業マンを続けながらお金を貯めて、その業種で独立します。いつの間にか「普通」じゃなくなってますが、本人はそういうところは意識していなかったそうな。軌道に乗るまでは苦労もたくさんあったそうですが、とにかく家族のためと思っているうちに、業績も良くなって社員を抱えるようになり、支店もできて気づけば大きくなっていた。

「お金持ちにだけは絶対なりたくない」と実家には頼らず自力で頑張っていたら、お金持ちになってしまったと。まあ自力でやってそれでもどうしても駄目なら最後は実家を頼るしかないとは思っていたそうです。そうならないために必死だったと。

ということでこの方の場合、「お金持ちにはなりたくない」と普通を目指してきたけれど、窮地に立った時は「実家にだけは頼りたくない」と、方向転換したのが功を奏したようです。

そこで気づくのは、実は成功するためのモチベーションは前向きな希望だけでなくてもいいのではということ。 「お金持ちになりたい」ではなく「お金持ちになりたくない」でも、「親を頼りたくない」でも、とにかく負けない強い気持ちがあれば、それを糧に成功できてしまうのではと。

ちなみにこのお金持ちは家族を大事にして奥さんも泣かせないタイプです。そこはお金持ちになってしまっても、実家を反面教師にしているそうです。最後は惚気みたいに聞こえて来て、最初から「家族を大事にするお金持ちになりたい」って言っとけー!と、ちょっと心の中で突っ込んだのはここだけの話でした。






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...