◆ お金持ちは待つのが得意?

突然ですが、あなたは待つのが得意ですか?苦手ですか?そして、せっかちでしょうか?それとものんびりさんですか?私は待つのが嫌いでせっかちです。

特に急がなくてもいいのに早歩きして、信号は変わる前に渡ろうとしたり、電車も一本でも早い便に乗ろうとしたり。食事も早食いです。何を急いでいるのかとたまに自問しますが、急がないと損した気になるのです。まあそれで早くどこかへ着いても、たいしたことはしてませんが…。

また並ぶのも苦手なので、付き合いでないと行列のできる有名店とかほとんど行きません。一人だと並んでいない早く出てくるお店に行ってしまう。どこのおっさんだよって感じですな。またエレベータなんかも待ってるうちに来ないからイライラして階段を探してみたり。それでウロウロするよりおとなしく待ってた方が結果的には早かったーなんてことも、よくあったりします。

これらは多分「心配性」から来ているんだと自分では分析しています。早く目的地に着いたり用事をこなして、余裕をもって行動したい。もしもに備えているわけです。

一方で私はスーパーとか大好きで、ダラダラ商品を見て買おうと買わないか迷ってフロアを行き来して平気で何十分もいられるので、「好きなことだとせっかちじゃない」ともいえるでしょうか。

まあ多少は誰でも急ぐ時はあるだろうし、急がない時もあるんでしょうが、こんな風に「せっかち」か「のんびりさん」かの傾向はあるかと思います。

さてここからが本題。
お金持ちはどうでしょうか?セカセカあくせく働いたりお金を稼いだりしている?寝ていても財産が増えるんだからってのんびり急がず優雅に過ごしてる?

最初に書くと、答えはまあ、どちらも、であり、性格による、というところ。

自分の代で起業した人やエリートのお金持ちは性格的にせっかちタイプが多いです。代々の資産家だとのんびりタイプが多いイメージですが、実際は性格による差が多い感じ。

ですが、セカセカせっかちのお金持ちでも、お金持ちになると「待つ」時間が増えます。

まず権力を持つ立場になると、部下もたくさんできます。彼らに仕事を振ってそれを受け取るのが上の人の仕事ですから、彼らを待つことも増える。上に行くほど間に入る人も多くなるので、それぞれのところから上がってくる報告を待つ必要が出てくる。

これはまあ自分で全部やっているような自営業や士業の方などはちょっと違うところがありますが、その人たちでもお客さんがいるならば、彼らに合わせて時には待つ必要が出ます。

また働いていなくても、お手伝いさんがいるような家なんかだと、相手にやってもらうのを「指示して待つ」必要が出てきます。「自分がやった方が早い」と言っていると、何も頼めません。思い通りの仕上がりでなくても、思い通りに近づくように指示して、うまくいくまで「待つ」必要が出てきます。

ということで、全部自分でやりたいようなタイプは、権力を持ってお金持ちになるほどストレスがたまります。

お金持ちは待つのが得意?
また出張やあちこちに呼ばれるようになると、移動時間も増える。それを有効に使って読書などしている話は前に書きましたが、移動が増えるほど待機時間も増します。

私の職場は外資なので、海外から来ている方も多く、また出張などで行き来している方もいます。そういう人がたまにぼやくのは、「人生のうち何日分、空港で過ごしてるんだろう」ってこと。空港までの移動も何気に時間がかかります。国際線だと何時間も前にチェックインして、それから搭乗まで待つ必要が出ます。お偉いさんだとファーストクラスやビジネスクラスも当然使ってますから、ラウンジで待つようになりますが、それでも「待つ」ことは避けられない。

楽しみで行く休暇中の海外旅行なら、そんな時間もお土産買ったり食事したりでワクワク過ごせますが、ビジネスの移動で、しかも頻繁になってくると待ち時間が日常になります。

そこで仕事のメールをチェックしたり、資料を読んだり作ったり、仕事に当てて時間を有効活用するのは当然ですが、それでも会社のデスクや家のようにはいきません。行き先と時差があったりすると、体調管理もしなくてはなりません。「待つ」時間とうまく折り合いをつける必要が出てきます。

というわけで、偉くなるほど、時間に追われて忙しくなるのに、思い通りにならない「待つ」時間も増える。ゆえに時間管理もしないと回らなくなる。まあそれでスターや大富豪みたいになるとプライベートジェットとか、時間短縮のために飛行機を用意するようになるんだそうです。

私はあれは専用機を持っている=お金持ちなんだぞ・すごいんだぞ、というアピールなのかと思ってましたが、正しくは忙しいから少しでも時間とプライベートを確保するためお金で時間を買っている図なんだそうな。

お金持ちは待つのが得意?
「昔は俺も飯食うのに並ぶとかありえなかったけど、最近はまあ数十分ならたいしたことないって思えるようになった」

と、これはとあるお金持ちの発言です。本人は「年取って丸くなったのもあるかも」とは言っていましたが、お金持ちになって自分で管理できない時間が増えるごとに、待つことに対する耐性もできてきたと言っていました。「せっかちすぎると、ストレスが増えるからよくない」とも。

待てずにセカセカするのは、時間を自分で管理したいから。けれど自分で管理できるものには限りがあります。持つものの規模が大きくなるほど、他人に預けて待つ必要が出てくる。お金持ちになって偉くなるほど、待つことと上手く付き合えないと、イライラして体調にもよくない。待つことに慣れるのは、時間管理であり、体調管理のひとつでもあると。

そんなわけで、せっかちな私も、たまにはペースを落として、自然を意識して歩いてみたり、電車なんてすぐまた次が来るぞとあえてずらしてみたり、並ぶお店に行ってみたりと、スローペースにしてみようかと思ったりしました。それも全てはお金持ちになった時の気持ちを体感するためですぞ。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...