◆ 自信家は成功する

これまでも何度か書いていますが、特に自分の代で起業して成功した系のお金持ちやエリートの方は、自信家が多いです。

自画自賛タイプ、年収やら仕事ぶりやらの自慢を始めたら止まらないタイプ、たとえ失敗してもへこまない・他人のせいにして自分は正しいと信じ込めるタイプなど、露骨に表に出してくる方もいれば、一見謙遜しているようで、言葉の端々に自慢や自信があふれて漏れてしまっているような方もいます。

いずれにしても、積極的で自己評価が高い

「えーと」「どうしようかなー」「困ったな…」「自信ないよ…」みたいな優柔不断で消極的なお金持ちは私の周りにはいません。まあ仕事絡みなので、ビジネスの場で優柔不断なことは言ってられないというのはあるかもしれませんが、即答即決タイプが圧倒的です。

一方で、この手の自信家の方々と話をしていると、たまに自慢が過ぎていたり、テンションが高すぎたりで「うざい!」なんて心の端で思うこともあったりします。失敗は全部他人や外部のせいにしてしまえる方などは、「この人悩みがなさそう」なんてちょっと羨ましくも思ったり。(勿論、自信はありつつも性格もよくて理知的な、尊敬できる方も大勢います)

けどそういう時にふと思うのが、「この人のこの性格は、元からなのか、成功したおかげなのか」ということ。

それも前に書いたことがありますが、おそらく元々ガンガン行く自信家だからこそ、挫折にもめげずに成功できたという面が大きいでしょう。

そして成功して自信に裏付けが出来たことで、ますます自信に拍車がかかる。

――要するに両方の相乗効果という感じでしょうか。

自分に絶対の自信があるから、挫折しても、いずれは成功すると信じている。そして何度もトライして成功を掴む。実際に成功してお金持ちになったら、自分は間違いでなかったと確信する。俺ってすげー、さすが!とますます自信を深める。だから挫折しても、必ずその先に成功があると信じられる、みたいなループです。

これ、こう書くと、ふーんで終わってしまいますが、実際に真似するのは結構大変。普通の人はそこまで自信家だったりしませんから。

でも実はこの流れこそ成功のパターンでもあったりします。

何故なら、自信という字は自分を信じると書くから。

何か目標があって達成したいと思う時、「えーと、無理かも…」と思いながら続けていたら、無意識にも「やっぱ無理」な方向へ進んでしまいます。自分を信じられないと、自分の行動の結果である成功も信じられません。何かを達成する前に、気持ちが揺らいでしまって挫折したり。どうせ無理だからと投げてしまう。

だから何かを叶えたい時は、自意識過剰なくらいに自分を信じて、自分にできないことはない!と、成功するに決まってると信じて突っ走る。それが正解です。そうすれば成功します。というか成功するまであきらめませんから、成功するしかないんです!

……と、怪しげなセミナーみたいな口ぶりになってますが、イメージングとか形から入る、お金持ちの真似をするというのは、こういう状態になりきるというのが正しいんじゃないかと思うわけです。

自信家は成功する
前回はモチベーションにつながるイメージングのひとつとして、他人になりたい自分の肩書きで呼んでもらうというのを実録を元に書いてみましたが、今回は内面の話です。

お金持ちになるために、お金持ちの真似をしてなり切る。

そう思った時にどういう部分を真似するか。ただ行動を真似して豪遊しても散財してしまうだけ。札束風呂をイメージして「お金お金お金」と呟いてみても、お金は降ってきません。

お金持ちの内面――「性格」を真似して、ポジティブで自信家なお金持ちのように振る舞う。そうして自分は必ず成功すると信じ抜く。そんなお金持ちが成功した心理状態を再現することで、自分も成功に到達するのが正しい心構えではないかと。

そんなわけで、これからは札束風呂ではなくて、自分は天才!自分ってすげーと自画自賛しつつ、こんなに才能にあふれているんだから成功しないはずがない!と、自己評価を上げて突っ走ろう!

その結果、「最近、君、鬱陶しい性格になったね」と周りから言われてしまうかもしれませんが、、、ポジティブに!?

ポジティブシンキングは今時流行らないとは思うものの、お金持ちを見ているとやっぱり成功する人は自信家で前向きなんだよねーとも思うわけでした。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...