◆ お金持ちには野生の勘がある?!

先日、とあるお金持ちと歩いていると、銀行前で宝くじを売っているところに出くわしました。まああちこちで見かける風景ですな。プラカードを持った売り子(行員)さんが「今日が最終日です」なんて言っている姿をちらりと見て、お金持ちの視線が止まりました。目線を追うと、宝くじ売り場の『サマージャンボ7億円』と書かれたポスターを見ていたようです。

「買うんですか?」

思わず聞きました。この方は7億以上は余裕で資産も持っているでしょうが、たまにお金持ちでも老後が心配だったりで、宝くじが当たればなーなんて言い出す方もいます。→あると心配

「いや、当たらないから止めとく」

お金持ちからはそんな答え。ですが思い出したようにニヤケながらこんなことを言いました。

「大金じゃないけど、昔、一度ロトで3等を当てたことがあるよ」
「へえ、たまたまですか?それとも定期的に買ってたんですか?」
「たまたま買った」
「それで当てたんですか?すごいじゃないですか!」
「当たる気がしたから買ったら、ほんとに当たったんだよ。すごいだろ?」

嘘みたいな話ですが、とりあえず本人は自慢気に言ってきます。

「たまたまってどういうことですか?」
「売り場を通りかかった時に、なんとなく数字が浮かんで、当たる気がしたんだよ」
「それで実際、買ったら当たった?」
「そう」

すげー!という感じ。当たったのはロト6の3等のようなので、216/6,096,454の確率らしい。ないことはないだろうけど、途方もない…。

「で、いくらくらい当たったんですか?賞金はどうしました?」
「確か百万も行かないくらいの額だったけど、銀行の窓口で引きかえてもらって、飲み代に消えたね」

使っちゃったんだ…。ここは夢がありません…。

「で、今回は――」
「当たらないから買わない」

最初に戻りました。しかも断言してます。その会話の頃には、宝くじ売り場は通り過ぎてましたが、勿論、歩きながら続きを聞きます。興味津々です!

「当たるとか当たらないとか、なんで分かるんですか?」
「うん、なんとなくね。当たると思った時はほんとに思って当たったから」
「今は?」
「あの時みたいに当たる感じがしなかった」

だから外れているだろう=買わないという結論に達したみたい。これは実際に当たる感覚を知っているからこその潔さ?

「霊感とかあります?」
「いや、ないし。変なものは見たくないよ」

苦笑されました。霊感というとオバケなイメージなんでしょう。

「ご先祖様に感謝したりは?」
「しなきゃだめだけど、田舎にも忙しいから帰ってないね」

北海道出身だそうでなかなか帰れないみたい。本家じゃないからお墓参りもついついご無沙汰してるとか言ってました。

「瞑想したりは?」
「目を瞑ってじっとしてるとすぐ寝ちゃうよね」

ことごとくふざけた答えです。

「じゃあなんで当たるって分かったんですかね?」
「勘がいいのかな」

秘訣を聞き出したかったのですが、やっぱりこんな答えに辿り着いてます。しかし勘って、分かるようでわかりづらいものです。羨ましいなーいいなーと思いながらこのお金持ちの隣で、その勘について考えてみました。

お金持ちと野生の勘
まずこのお金持ちは、成功してからも忙しくあちこち動き回っている方です。そしてそれが苦にならない仕事人間みたい。瞑想とかは本人もしたことないと言ってますし、じっと考えごとをしているのは似合わない感じ。あれこれ考えるよりも身体が先に動く、というタイプでしょうか。

よくある引き寄せがどうのとかで宝くじを当てるのは、善行を積んだり、瞑想したり、当たる当たる当たるとぶつぶつ呪文を唱えたり、札束風呂を思い浮かべてうーんうーんとイメトレするなんて方法が思い浮かびます。でもこのお金持ちはそんなことしてません。思いついて買って当たったのが本当なら、その場での直感でしょう。

数字が浮かんで、当たると思って、買ったら当たった。

もしかしたら、常日頃からこの方は思いついて→行動して→成功してきたのかもしれません。ただそれを「運がいいんだねー」で片づけちゃうと終わってしまうので、こんなふうに解釈をしてみます。

何かを思いついた時にそれを否定しない。それを実行に移す。自分の感じた通りに動いて、いつも自分の欲求に正直でいると、自然と正しい道を(自分自身が?)選択できるようになる。自分の心の声――直感やら内なる声みたいなものを聞いていると、勘が知らず知らず鍛えられてくる?

まあ仕事でも生活でも生きてく上では面倒もあり、好きなことばかりはやっていられませんが、自分がやりたいこと、望んでいることを続けていると、そういう流れができたりするのかも。――なんて。

ゲームやパズルでも、クリアできるパターンに乗っていると次々にピースがはまります。でも間違った方に行ってしまうと違う形のものが押し寄せてきたりで、余計に難解になってしまう。そんなサイクルが人の言動の上にも起きているのかも。

「運」というのは言い替えたら「勘」のことかもしれない。日頃から「勘」を鍛えていたら、ここぞという時に「直感」が働いて、「成功」につながる。それを見て第三者は「運がいい」というけれど、実は日々の「流れ」があっての「結果」であると。

なんかまたちょっとオカルト入ってますが、お盆が近いせいでしょうか。。。

とりあえず結論が出たところで、私も自分の心の声に従って直感を鍛えて、そのうち宝くじや株で当たる銘柄を思いつけるようになりたいなー!と妄想は広がりますが、邪念で曇っては駄目でしょうか…。

けどそもそもこのお金持ち、宝くじが当たらなくてももう充分お金持ちです。そういう心の余裕が一番重要な要素だったりしてね。うーむ。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...