◆ お金持ちがよく行く国

世の中、ゴールデンウィークです。もうとっくに12連休でどこかへ出かけている人もいるでしょう。私はカレンダー通りです。ついでに最近は本業がちゃんと忙しいです。

でも心はお休みモードというわけで、今回はお金持ちと「連休中はどこへ行きますか?」なんて会話をしつつ、そこから派生したアンケートっぽい話題を元に書いてみます。まあ例のごとく私の知り合いのお金持ち限定ではありますが。前にお金持ちが休暇をどう過ごすかは「お金持ちの夏休み」でアンケートしたことあったねえ。

さて「お金持ちがよく行く国は?」

遊びも仕事も混じってますが、今回は外国人のお金持ちは除いてます。何故なら年に何度も自分の国へ帰るので偏ってるから。ついでにいうと、日本!が当然ながらトップですが、それも外します。。。

・アメリカ
中国を中心としたAIIBがどうのとかニュースで連日やってますし、今やアジアが世界頂点になりつつあるのかと思いきや、アメリカも意外と健闘しています。まあ、リゾートではハワイとかグアムが定番として安定した人気があるのと、仕事で行く人が私の周りは多いだけかも。本社がアメリカの外資に勤めている人、クライアントにアメリカ企業が多い人は、当然アメリカに何度も行ったりするわけで。

・シンガポール
日本とアメリカ以外だと、ここと中国、イギリスあたりが大体、並んでるのですが、僅差でシンガポールが多かった。ただし仕事でも「本社がある」という例はシンガポールの場合は私の周囲ではなかったです。じゃあ何のために行くのかというと、会議でとか、支店があるとか、本社ではないアジアの拠点としての位置づけがほとんど。
少し前まではアジアと言ったら日本だったのが、今は日本や中国やその他のアジアの人たちも集まりやすい場所としてシンガポールが選ばれることも多いようです。他もクライアントと会うとかでほぼ仕事のためでした。
リゾートメインは「中継で」って程度で、あまりメインで行く人はいない国みたいですな。

・中国・香港、台湾、韓国
この辺は、国内旅行よりも安く行けるところもあったりして、観光でも人気のスポットでしょうか。仕事で行っている人も多い地域ですが、台湾と韓国は観光の人の割合が多いかな。
中国は広いですが、ここも厳密に言うと仕事で行く場所と観光の場所は違ったりするかも。仕事絡みだと大連とか上海とか。

お金持ちがよく行く国
・イギリス、フランス、その他欧州、カナダ、オセアニア
この辺はやはり「本社が~」「支社が~」って人は仕事で頻繁に行きますが、そうでない場合はほぼ観光。ちなみに今回は除外したと言った外国人のお金持ちの中で、アメリカ人のコンサルの方は「アメリカ人にはフランスは観光で人気」と言ってました。本当かどうかは調査してませんが、違う言語で違う文化というあたりに憧れみたいなものがあるようです。英語がネイティブの人からしたら英語圏のイギリスじゃ駄目らしい。

・タイ、その他アジア
輸出入でそちらの国と取引がある人以外は、ほぼ「観光(接待)」目的の人が多いです。「ゴルフが安くできるから」っておじさん方には人気みたいですが、それだけなんでしょうか。やたらしょっちゅう行っているお金持ちもいます。深くは突っ込みませんが、ちょっと「ふーん」って目で見てしまうのは、私に先入観があるから?

・中東
トルコ・ドバイ(UAE)は「仕事で」の人が結構います。ドバイは高層ビルが立ち並んでいてとんでもなく近代化しているとか言いますな。外資金融、コンサル系の人は割と行っていたりするようですが、特定の職種の人以外はあまり仕事でも接点が少ない地域でしょう。
観光でもトルコ・ドバイとその周辺は旅慣れた通な人が選ぶような場所かな?それよりディープな場所だと治安が不安…。

・アフリカ
商社とか仕事で行く人は勿論のこと、それ以外でも現地で何らかを作るとかの工業や技術系から経済・税務や教育など幅広い分野での政府関連・民間の支援プロジェクトが途上国では多いそうです。そういうのに参加したとか、過去に参加していた方とかがちらほら。ただ呼ばれる人は専門職で業界のトップな人たちが多いです。短期で数週間のパターンから、半年とかの長期プロジェクトもあるらしい。
こちらも観光で行く人はあちこちを旅した通な人に限られるでしょうか。


なんてわけで、大体は「フツーに海外旅行で人気のところ」のアンケートに近いですが、シンガポールが台頭してきているところとか、ドバイなんて話を聞くと、ちょっと違う気もしたり。海外旅行の参考に…はならなさそうですな。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...