◆ お金持ちと健康診断

なんだこのタイトルって感じですが、先日、会社の健康診断に行ってきました。バリウムが嫌いだとか、グルグル回るのが嫌だとか、少しでもダイエットしてから…とか、いろいろ言い訳をつけて延ばし延ばしになってしまっていて、年度末ギリギリの駆け込みでした。

仕事も休んで万全の態勢で臨んだ当日、途中まではスムーズだったものの、やっぱりバリウム検査が難関でした。飲みこめずにオエオエ言ってみたり、そうしてる間にゲップが出たと言われて発泡剤も追加されたりして、結局は人より多く飲む羽目になったり、手間のかかる迷惑な人になってました。あとで「海外だと今時バリウム検査なんてやらない」とかいう話も聞いたので、来年からはバリウム以外にするぞーと固く誓った次第です。

と、バリウムを語り出すと長くなるので軌道修正すると、大体、会社の健康保険組合の健康診断は、私のところと同じように3月末が年度末だと思います。自営業とか無職の人は自治体の健診を受けられたりもしますがそっちは場所によって締め月が違うのかな。人間ドックとか自費で検診する場合はそれこそいつでもいいんでしょうか。

強制ではないので私のように急かされないとついついサボリがちになりますし、「健康だから今年はパス」とか弁解をして何年も受けていない同僚もいます。でも事前に病気を見つけるためにも年に一度は受けるべきなんでしょう。なんて健康診断の話をしていて、私は真理に気がついてしまいました(大げさ)。

お金持ちと健康診断
お金持ちは忙しくても健康診断を受けている人が多い!

本当かよーと思った人は、周りのお金持ちに聞いてみてください。100%と断言はしませんし、病院嫌いや健康診断は病気発見に意味がないという主義を持っている人、定期的に病院で検査しているお年寄りや持病持ちの人などは、「必要ない」と言いますが、それ以外の働き盛り世代のお金持ちでは定期的に健康診断や人間ドックを受けているという人ばかりでした!

むしろ、忙しいとか面倒臭いを理由に健康診断を受けないのは(私も含めた)庶民に多いと気が付きました。

お金持ちは事業をしている人から資産家からいろいろいますが、やはり時間に追われる人が多いと思います。会社なり仕事なり責任を背負っている人も多い。それでも、「定期的に健康診断は受けてます」の率が高いのは、どういうことなのかと推測してみると。

・時間の使い方が上手。
だからこそ成功できたし、忙しくてもちゃんと優先順位を決めて物事を処理できる。また嫌なことをずるずる先延ばしにしない。

・自己管理がちゃんとしている。
責任を抱えている立場だからこそいつも健康に気を使っている。

・健康の大切さを知っている。
お金があっても寿命は買えないということを理解している。

・(おじさん)年上世代が多い。
成功しているお金持ちは健康が気になるお年頃の人たちが多い。

ざっと思いついたのはこんなところです。どれが正解だとか、お金持ち自身がいちいち意識しているのかも分かりませんが、結果から無理にこじつけると「お金持ちになるためにはちゃんと健康管理して健康診断も受けよう!」と言えるかと思います。

もう来月には新年度の健診が始まりますが、今度からは私もぎりぎりまで延ばさずに計画的にちゃんと検診を受けるぞーと。でもバリウム検査は回避したい。。。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...