◆ お金持ちがケチる時

前回はお金持ちの(表向きの)羽振りのよさについて考えてみました。お金持ちは見た目が派手であっても、それは会社の経費を使う権限があるだけだったりで必ずしも自腹を切っているわけじゃない。特に雇われのお偉いさんは会社の経費を使っても自分の懐も気持ちも痛まない。でもまあ周囲の目が抑制になっていると。

一方、自分の会社で成功したようなお金持ちは誰にも文句を言われずある程度は派手に使えるけれど、会社が自分の分身だったりで経費についてはシビアな面もあったりする。

その他にもお金持ち個々の性格とか、お金を使う相手に対する距離とかもあるので一概に言い切れないところですが、お金持ちは羽振りが良く見えるけど、実際はどうなのかというのが今回のポイントです。ついでに今回は経費に限った話じゃありません。

お金持ちはどこにお金を使うのか。

見ているとまず、好きなものには使います。当たり前?まあそうですが、好きなものにお金を使いたくても物理的に使えないのが庶民としたら羨ましい話ではあります。

趣味、家族、彼女とか飲み屋のおねえさんとか、まあ「好きなもの」の種類はバラバラですが、「ここにお金を使うために頑張ってるんだから」というお金持ちの意見というか弁解もたびたび聞きますので、お金を稼ぐ原動力になっているのは確かでしょう。

そして裏返してみると、「出したくないところには出さない」とも言えます。好きなものには甘いからこそ締めていると厳しく見える点はあるでしょうが、それを抜きにしても、お金持ちにケチが多いと言われるのは、「出したくない時」がはっきりしている人が多いからだと思います。

流されて言われるままにお金を出していたらあっという間に破産なので、お金持ちこそ断り上手にならないと駄目ですし、シビアになるのも理解はできます。

ちなみに「出さない」ことが悪い方に向くと、会社では社員のお給料や経費を絞るブラック企業・ブラック経営者になり、家庭だと家族に生活費を入れないモラハラになったりするんでしょうな。

お金持ちがケチる時
どんなにお金持ちでも出したくないものにはお金を使わない。

「お金持ちだからと言っていつでも払ってくれるわけじゃない」という当たり前のようで意外と見落とすポイントが、こういう時にはっきりするということは多々あります。

ついでに言うと「出したくないもの」の範囲は上で書いたように性格によっても変わりますので、庶民にも理解できる常識的なものの場合もあるし、悪い方の例に出したような非常識なケチとかの場合もあったりします。

お金持ちでも、というかお金持ちだからこそ、当人は真っ当なのにお金目当ての変な相手が寄ってくる気の毒な例もあれば、お金を持っているがゆえに性格が歪んでいたり傲慢になってしまっている例もあります…。後者の悪い例はある意味、お金持ち自身がお金に振り回されてしまっているとも言えるでしょうか。

そして好きなものにも等しくシビアな「ケチ」ならまだ理解されますが、自分の好きなものには甘くて嫌いな場合は出さない「好き嫌い」がはっきりしている場合は、「持っているだけ」に利害が発生しがちなところが、お金持ちならではのデメリットでしょうか。

周りからは「お金持ちなんだからこれくらいは出してくれるだろう」と見られるけれど、当人が必ずしもその「周囲の期待」に応えられるとは限らない。性格だったり、メリットを見出していないとかだったり、理由はいろいろでしょうが、出す・出してほしいの双方のポイントが合わないとトラブルになることも多い。

お金があるだけに、お金の使い方に関しての問題も増えるわけです。そしてそんな経験をしているからこそ鍛えられて、出す時は出し、出さないと決めたら絞ると、ますますはっきりしたタイプの人になっていくのかもしれません。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...