◆ お金持ちの目標達成法?

新しい年が始まりました。年の初めになると漠然とでも、今年はどんな年にしようか、何を達成しようかなどと目標を定めたりすると思います。一方で年末になると、全然達成できなかったと慌ててみたりして…。

「今年こそは○○!」

去年からずれ込んでしまっているものも含め、私もいくつかそんな目標を立てています。ダイエットに、英語ぺらぺらに、海外旅行にも行きたいなって。。。最後のは目標じゃなくて予定だし、そもそもお金持ちの話じゃないって!?

勿論、「今年こそはお金持ちになる!」のも目標のひとつではあります。そのために、仕事の面や、投資や資格勉強など色々な目標も立てました。達成したらこうなってああなってと妄想もしてみたりすると、あっという間に時間が過ぎますな。

世の願望達成のための本やイメージトレーニングなどでも、まずは目標を立てて、イメージしろって言いますからね。あれもこれも叶えたいとイメージして、その気になって、達成感で満足しちゃったり…しては駄目なのです!

「その気になって」「なりきって満足する」というのは、イメージを実現化するのに有効なんて言われますが、妄想して楽しくなっているとそこから進まない。それどころか「あれこれ考える時間が楽しいと、無意識(潜在意識)に刻んでしまう」、と言ったのは私の知り合いのお金持ちです。

「宝くじが当たったらあれ買ってこれ買って、旅行に行ったり美味しいもの食べたり…って、よく妄想するじゃん、あれと同じ状態」とその方は言っていました。つまりは、「なったらいいなと妄想している時が一番楽しくなって、ずっとその場にとどまってしまう」ということ。

宝くじだって、本当に当たってしまったら、大金持ちにはなれるけど、怪しい人が寄付してくれと言ってきたり、親戚が増えたり、果てには命を狙われたり(?)と、物騒な現実も待っています。だから無意識的には、本当に当たってほしくない。当たる気もない。当たったらいいなと妄想している段階で本人は満足してしまっている、そこが一番幸せ、ということらしいです。

これはある意味、願望達成の本などで言っている通りではあります。なので今回お金持ちの発言は、イメージトレーニング自体を否定しているわけじゃないのです。

「こうなったらいいな」で満足して止まってしまうと、その状態が目的地になってしまう。「本当に叶えるためには、こうなったらいいなと暢気に考えてる暇はない。思うより、まずは動け!」――というのがそのお金持ちの厳しいご意見でした。

まあ過去に書いたお金持ちの話でも、「夢を叶えたかったら動け」というのはくり返し書きました。今回の話の方以外でも、成功した人はそれを言います。

仕事で成功して忙しい方などは、イメトレなんてしてる暇なかった。とにかく儲けることを考える方が先決だった。みたいなことも言います。目の前の課題に追われて夢中でこなしたら、いつの間にか成功してたとかね。

どうなりたいと考えるより、とにかく毎日、少しでも叶えるために行動すること、それが成功の秘訣とも別の方から言われました。

いくらイメージしても無から成功は生み出せません。広い世の中、棚ボタや引き寄せだとかで成功する人もいるでしょうが、ほとんどの成功者はアクションを起こしています。なので目標を立てたらあれこれ考える前に行動に移す。妄想段階が一番心地よいと認識しないように、前に進む。それが大事でしょう。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...