◆ お金持ちの恋

今回はお金持ちの恋愛事情。とはいっても現在、既にお金持ちで成功している人を見てみると、男性が多く、また若い人よりもある程度年がいっている方が多いこともあってか、既婚者で子供もいる旦那さん…というパターンがほとんどです。場合によってはお孫さんがいる場合も。

そういう方は恋愛はもうとっくに卒業しちゃって家族愛に移行してます、なんて感じ。隙を見せないように、部下におごる場合でも必ず複数人を呼ぶとか、変な噂にならないように警戒して距離を置いてみたり。

その一方で、成功してお金と自信の裏づけがあるためか、家族はいるけどなおかつ恋愛もしてますって危険なタイプもいたりして。この手の方は(自分の遊びのことは)奥さんもあきらめてる」とか、「向こうも遊び歩いてるから」なんて言い訳をよくしますが、奥さんと実際話したわけじゃないので、本当かどうか怪しいところです。

実際、そういうゴタゴタのせいで離婚してしまったなんて方もいますからね。当人は奥さんが許してくれてると思っていても、奥さん側は許してなかったりして。何度も懲りずに浮気されて堪忍袋の緒が切れた!なんて可能性もあるようです。

というわけで(離婚者含む)既婚者に限ると、のほほんかガツガツに二極化してる?…って結婚してるのに二極化ってのも問題な気はします。。。


ではお待ちかね、未婚者男性の場合は?

こちらは、お金もあるし権力もあるしフリーだしってことで自由に遊びまくってる方も、まあいます。自分から行かなくても女の人が寄ってくるんだもんて方もいたりして。このタイプには特定の恋人がいればマシで、飲み屋のお姉さんから職場のお姉さんまで、美女をはべらせたり日替わりで…なんて女の敵みたいなのもいる!

一方で、仕事とかそれに付随する勉強とか研究に夢中だったり、別の趣味があったりして、恋愛には興味なし、二の次・三の次、みたいな方もいます。こちらは興味が向いてないので、遊んでいない=誠実とは言える?

それを見越して玉の輿を狙ってくる女性もいますが、根本的に恋愛を必要としていなかったりして、拒否してしまったり。もしくは好きでもないのに流されるままに付き合って、結果的に相手を弄んでしまった…みたいな感じになったり。女性が上手だと、そのまま押し切られて結婚になったりするのかな。

それ以外にも、学生時代から付き合ってる相手がいるとか、普通に身近なところで恋愛して…なんて庶民的な方もいますが、どちらかというと上の肉食・草食派の二極化が目に付く印象です。


いずれにしても、ひとつポイントと思ったのは、草食っぽいタイプでも、好きになったら自分から行くみたい。当たり前と言うべからず。

世の乙女は男性から告白させるように仕向けるのが一般的らしいですが、男性でも相手任せの乙女型男子も増えているらしい。おまけに好きな相手ほど冷たくしてしまう、好意が屈折する好き避けなんてのもあるようです。草食に加えて今時は男性が押すのは当たり前ではないと。

でもお金持ちになる人は、基本的には積極的なタイプが多いためか、好きな人がいればちゃんと自分で動くようです。逆に女性から押されてもあまり乗り気でない場合は最低限にしか動かない!みたいな。傍から見てると分かりやすいとも言える?(まあこれは男性的な性格ってだけかもしれない)


ちなみに女性の場合は、既婚者も未婚者も、相手のタイプもバラバラ。自分よりお金持ちもいれば、幼馴染み、学生時代からの付き合い、お見合いなんて例もありました。基本的には受け身なせいか、特定のパターンはないのかな。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...