◆ お金持ちの奥さんは働き者?

前回、どんなお金持ちの奥さんになりたい?は、お金持ちの専業主婦になりたいというお嬢さんの話でした。楽して優雅に暮らしたいという希望に対し、それなら一流企業の雇われ社長の奥さんが一番だね、というのがお金持ちの返答だったわけです。

そんな話を踏まえてお金持ちの家族を見ると、なるほど大手企業のサラリーマン社長の奥さんは専業主婦の割合が多い気がします。

ただこれは、計画的に玉の輿を狙ったというよりも、世代の価値感もあるでしょう。ちょうど今時分に大手企業の社長さんになっている方は、団塊世代かその下。女の人は結婚したら寿退社して専業主婦が多かった時代。ですのでたまたま今は奥さんの専業主婦率が高く見えるけど、次の世代になったら社長さんの奥さんも共稼ぎが当たり前になるかもしれません。

お金持ちの奥さんは働き者?
一方で自営成功者やオーナー社長の奥さんは、私の知っている範囲で見ると、旦那さんの会社に関わっているとか仕事を支えている、自分自身で別に事業を起こしている、習い事やボランティア、政治活動(?)に夢中……など、必ずしも働いているとは限りませんが、家でじっとしていないタイプが多いような?

お金持ちである旦那さん自身が「うちの奥さんは俺より忙しい」みたいなことを言って苦笑するようなパターンも何度か見ました。

ただあまり「他の会社の正社員やパートです」みたいなのは聞かないかな。雇われるより、自分で率先して団体を率いたり、何かをやっている場合が多い印象があります。身近で起業の例を見ていること、資金などの面で旦那さんの援助がある点も大きいでしょうか。

前回の話のお金持ちの奥さんは、実家が事業をやっていてご本人は役員だそうです。
またこれは身近な例ではありませんが、IT長者(古い…)や青年実業家と呼ばれるような人が、女優さんやモデルさんと結婚してテレビをにぎわせることもあります。こういうパターンも、奥さんが目立つ・家でじっとしていないの一種と言えないこともない。

庶民にとっては仕事は生活のためだったりしますが、お金持ちの奥さんになると、生活の余裕がある代わり別の意欲から働き者になるのかもしれません。もっともっとと上を目指すのかもしれません。いずれにしても平凡普通なサラリーマンの奥さんよりもあくせく忙しそうな人も多い。

根がずぼらで、金持ちになってのほほんと暮らしたいと思う私にはちょっと意外にも思えますが、こういう傾向は一人二人には限らないわけで。庶民からすると、「お金持ちの奥さんになって何で働くのか」という気もしますが、その辺の心理は追ってみたら面白い傾向が出てくるのかもしれません。


余談ですが、サラリーマン社長の奥さんが自分で事業を起こすようなパターンはあまり聞きません。働くとしても勤めに出る方が多いかな。サラリーマン社長の奥さんの意識は、普通のサラリーマンの奥さんと近いのかもしれません。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...