◆ 社長は生まれた時から社長?

以前、三代目の失敗で世襲の社長さんの話を書きました。お金持ちの啓蒙の本などでもよく、サラリーマン家庭に育った子はサラリーマンを目指してしまうけれど、自営業の家の子は自営業を目指す、みたいなことが書いてあります。社長の息子は当然、自分も社長になると思って生きているというわけです。

サラリーマンしか知らない環境にいると会社を起こすことは途方もないことも見えますが、親が社長の家などはそれが当たり前で育っています。家族も役員になっていたりしますので、「会社なんて作るのは簡単」「役職だけなら誰でも持てる」と逆にシビアに考えている人もいます。私の同級生にも八百屋で株式会社の息子さんがいましたが、彼も名義上は取締役でお給料も出ていたようです。働かずに毎月、お金が入ってくる羨ましい例ですな。

さてこれらの「育った環境」話は、「ゆえにお金持ちはお金持ちの環境にいる」「自然とお金持ちになる方法を実践している」系の結論に繋がります。
これは、「起業や社長になる=成功すること」、という前提の上に立っている話ではあります。実際、起業はハイリスクハイリターンだね、という部分は、棚の上に置いてあったり。

まあリスクを取らないと普通以上の稼ぎは難しいとは言いますからね。当たっている面もあるでしょう。ですが実際は、身近でリスクを見てきているからこそ、リスクより安定を求める例もちらほら。

社長さんが世襲の同族会社の場合、大体は父親が社長時代は、息子・娘は待機になります。家族経営の零細ですと学校卒業後は当然のように働き手として組み込まれますが、社員を雇っている規模になるとそうでもない。

未来の社長さんが新入社員で親の会社に入る例もあるにはありますが、大体はサラリーマンを経験させるという方針で、外で勤め人をやっていることが多い。新入社員が社長の子供なんて、他の社員はやり辛いですからね、配慮する意味もあるでしょう。

それで、外部の一般企業に勤めた場合ですが、コネなどで知り合いの会社に勤めて「いずれは社長になるんだからさ~」と、だらだらやってる人もいるにはいるようです。一方でいずれ社長になった時に馬鹿にされないようにと、「真面目に勉強&就活し、一流企業や、銀行、官庁に勤める」方も少なくないようです。

外部に勤めて働き始めると、親のやっている会社はちっぽけに見える。安定していないのも分かる。待機しているうちに、仕事が楽しくなったり責任を持つようになって、やりがいが出てくる場合もある。

いつしか価値観も、今の勤め先>中小企業の社長、となったりして。

勿論、世襲の場合は社長=長男というのが一番多いですが、中小企業の社長さんと話をしていると、兄が銀行やそれなりの企業に勤めていて、社長本人は次男・末っ子という例も結構、耳にします。こちらが世襲=長男みたいに思い込んで話をすると、「いやあ、兄貴は有名企業に勤めるエリートで」みたいに笑って教えてくれます。その兄自体も「大手の方が安定してるから親の後は継がなかったよ」という話をしてくれたり。

「身内に銀行員がいるおかげで融資の話がスムーズでいいよ」なんて言う人もいましたので、「もしかしてそれを見込んで家族を銀行へ?」と聞いてみたこともあります。ですが「いや、そういうわけじゃなく…」と計画性は否定されました。実際、計画的でも口に出せない面はあるのかもしれませんが、お兄さんの方は安定を選んだというのも嘘ではない気がします。

親がいくつも会社を経営している場合は、長男・次男・長女・次女…と子供はみんなグループ企業の社長さん、という例もありますが、複数経営の場合でも外に勤めているのは上の子という例は多い気がしました。その辺は意識して統計は取ってみていないので、聞いた話を思い出した範囲の話になりますが、「将来は社長を継ぐんだ」と子供の頃から意識して育った上の子供ほど、いざ外に出て見ると、社長の苦労より安定を選んでしまうのかもしれません。

一方で兄が継ぐからと当てにしていなかった他の兄弟が、意外にも跡継ぎになったりすると。こちらは逆に身構えていなかったからこそ、リスクを恐れず踏み出せた面もあるかもしれません。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...