◆ お金持ちのスーツの色やデザインは?

今回は男性編です。お金持ちのスーツについて。お金持ちが好むのはどんな色と形でしょうか?……とはいってもお金持ちも毎日同じもの着ているわけではないので、日頃のお金持ちを観察した傾向や、聞いた話を書いてみます。

まずお金持ちというと「ダブルのスーツ」、みたいなイメージが浮かびます。実業家とかボスって感じ?
これは元々年配の人が着ていたデザインで、恰幅のいい人に似合うので、どっしりとした貫禄や偉そうな印象が付いたようです。またバブル期にも流行ったそうで、プラスしてよりゴージャスなイメージもついたのでしょうか。

一昔前までは、社長さんのインタビューや会社案内の写真撮影の時には、よく使われていました。上記のイメージから、「威厳が出て」見えるからでしょう。

ですが、昨今はあまり人気がない様子。恰幅のいい人はメタポなんて言われる時代ですし、痩せた社長さんが増えたせいもあるかも?
団塊世代まではベストと合わせて着ている人を見かけますが、その下の世代ではあまり見ない。「僕が着ると七五三になっちゃうから」と似合わないという理由で避けている方もいました。

そろそろ絶滅しそうなこのダブルのスーツ、着方を選ぶのも廃れつつある理由でしょうか。「偉そうに見せたくない」時には、着ない方がいいみたい。「(クライアント相手には)着ない」とも言ってる方もいました。偉ぶって見える→反感を持たれるのを避けるためです。

とは言っても業種にもよるでしょうか。逆に「偉そうに見せたい先生業の人」には有効かも。ダブルのスーツのおかげで頼れそうと思われて顧問料がアップとか…。

若い人には、決まればオシャレに見えますが、一歩間違えると生意気に見えてしまったり、服に着せられているみたいに見えてしまって難しいデザインです。

BetterColors.com, お金持ちのスーツの色やデザインは?
そんなわけで、デザインに関しては、昨今はお金持ちも「シングルのフツーのスーツ」が無難な様子。勿論、お金持ちのスーツは、デザインはフツーに見えても生地や縫製がよかったりして、その辺のスーツとはお値段も違ってたりするようです。

色でいうと、紺やグレー、チャコールグレーなど、普通のサラリーマンとあまり変わらない感じ?落ち着いた印象を与えたい人が多いせいか、お金持ちは年上の方が多いせいか、グレー系でも淡い色より黒に近い濃いめが多かった。
一方でそのもの黒のスーツは男女ともに若い人の就活スーツでは人気ですが、お金持ちでは若い方でもあまり見かけないような気がします。

その他業種だと、外資系、(銀行以外の)金融系の方は、ストライプがお好きな印象。これはシャープさを印象付けるためかな。カジュアルと取られる場合もあるせいか、逆に保守的な業種の方は好まないようです。

WEB系は業界的に新しく枠にとらわれないためか、意外に一番おしゃれな人が多い印象です。若い人が多いこともあるでしょうか。ダブルもストライプも色物も!一番幅広い。
一方で保守やインフラ系のITのお偉いさん方が集まる場も拝見したことがありますが、こちらは地味…でした。

まあ最初に書いたように、毎日同じものを着ているわけではないので日によって変化はあるでしょうし、必ずこうだというわけではないですが、業種によって差があるのは面白いことです。

お金持ちを目指すには、形から!という方は、自分のなりたい業種のお金持ちを参考にしてみるのもいいかもしれません。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...