◆ 貯金はチャンスを掴むため

そろそろボーナスシーズンですが、不況のせいかボーナスやお給料はしっかり貯金するという倹約家が増えているようです。元々、日本人はアリとキリギリスの話や貯金が好きな民族らしいですが、明るいニュースも少ない昨今ですから、ますます節約・ますます貯金という人も多いことでしょう。

そんな日本ですので、「その貯金は何のためにしてるんですか?」と訊いてみたら、「もしものために」という答えが一番多いでしょう。

病気や怪我で働けなくなった時、老後のため、なんてパターン。「もしものため」の想定内容は少し後ろ向きではありますが、実際にそうなってからでは遅いですからね。うちの母も昔から「困った時に慌てても遅い。日頃、元気な時から貯金しておくのが大事だよ」としょっちゅう言っています。

次点としては、マンションや車や「欲しいものがあるから」。子供の学資保険や将来の蓄えなんて「具体的な目的のある」パターンが続くでしょうか。こちらは夢に向かっての前向きな理由です。
何千万の大金でなくても、ブランドのバッグや時計が欲しいとか、数万から数十万単位の貯金をしている方もいるでしょう。明確な目標がある分、明確な額や期間を想定している人も多いでしょう。

いずれのパターンにしても、ないよりはあった方がいいのが貯金です。

貯金はチャンスを掴むため
さて先日、私が話したお金持ちも、貯金は大事と言っていました。ですがこの方は、二十代の頃は遊び歩いて貯金ゼロ、当時はサラリーマンだったけど、給料日前にはいつも金欠で借りるほどだったそうです。

「俺は元から楽観的でお金使うのが好きだから、もしもの場合に備えてなんて言われても、もしもの場合なんてくるわけないじゃんて全然貯める気にならなかったの。病気になった時のことをクヨクヨ考えるくらいなら、日頃から病気にならないように気を付ければいいとかさ、捻くれた考えしてたわけ」

この方は過去を振り返ってこんなふうに言っていました。

ですがある時、貯金がないせいで悔しい出来事が起きました。
ずっと欲しかったスポーツカーの状態のいい中古車が、売り手が売却を急いでいるということで破格の値段で出たそうです。中古車ディーラーさんから話が来て買う気になったものの、貯金なんてないから頭金も払えないと我に返った。お金の工面をしようと慌てているうちに、お買い得な条件だったので、すぐに売れてしまったんだそう。

「あの値段であんないい条件ではなかなか出てこないから、今思い出しても悔しい」と、このお金持ちは言っていました。スポーツカー、高級外車の中古市場は「大きくて狭い世界」だそうで、値段も走行距離や状態で大体比例するので、お買い得!なんてのは、滅多にないらしい?

欲しかったものが手に入らなかったら、「縁がなかった」とあきらめる手もあります。ですがこの方は悔しくて、貯金に関しても考え方を改めたそう。

「後ろ向きな理由じゃなくて、チャンスが来た時にそれを掴むために、貯金は必要だ。次こそはチャンスを無駄にしないために貯金するぞ!」

こう考えて、それからは一転、節約魔の貯金大好き人間になってしまったそうです。まあお金持ちはエネルギッシュというか極端な人が多いので、この方もそんな傾向があったりして。。

加えてこの方は、スポーツカーが欲しいとディーラーにも声をかけていたのに、具体的に手に入れるための行動をしていなかったことにも気がついたそうです。いざ目の前に条件が提示されてからお金をどうしようと慌てるのは、スポーツカーのオーナーになるための覚悟ができていなかった。本当に手に入れるつもりだったら、事前に準備していてしかるべきなのに。

潜在意識などの話でも、まずは受け入れる器を作れと言いますが、ちょっと似ているでしょうか。

この方は、そういう夢の準備のためにも貯金は必要と悟ったそうです。まあこれは上の「欲しいもののために貯金」のパターンではありますが。


「もし○○になったら」
このお金持ちも含めて、たいていの人はこういう仮定では、悪い場合を想定します。普通の人はだからこそせっせと用心するわけですし、この方みたいな捻くれ者はだからこそ何もしない。

でも「もし」はチャンスやいいことが来る場合もある。そうなった時にお金があれば、チャンスを活用できる。お金がなければ、黙って見送るしかない。

このチャンスは車に限らない。家や欲しいものや、投資、ビジネスチャンスなどなど。何かアクションを起こそうという時、全般です。実際このお金持ちは貯金に目覚めたおかげで、のちの起業の資金ができたと言っていました。

貯金していても、足りないかもしれない。もっと多くが必要になるかもしれない。でも、あればあるほどチャンスは広がる。

貯金好きな人には当たり前の話ですが、そうでない場合は、このお金持ちのように自分の可能性を広げるために貯金を見直してみてもいいかもしれません。私もいい話が来た時に、先立つものがない~と慌てないために、貯金を見直すことにしようと思いました!





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...