◆ お金持ちは予約好き

お金持ちと約束したり、お金持ちが約束しているところを見ていると気が付くことがあります。「お金持ちって予約好き?」
お金持ちと予定を決めてお店に行く話になると、すぐ「予約しよう」となります。

待っている時間が勿体ないせっかちは、お金持ちはセコイ?で前に書いたような「僕は時給○万円の男なんだから早くして」のタイプに多いですが、そうでない人も秘書さんに頼んだり、もしくは自分で予約しています。

勿論、ビジネス上の会食などでは、前もって「どこどこで何時から~」と先方の秘書さんなどにも時間を流して調整する必要がありますので、予約するのは当然です。個室を取ったりある程度の格の店を用意したり、そういう準備には予約が必須ですから。

ですがそれ以外のプライベートっぽいものも、割とすぐに予約する。まあこちらもいくつかの理由があるようです。

まず、プライベートといえどもお金持ちはスケジュールがタイトで忙しいから。事前に予約しておけば待ち時間のロスがなくなる、空いてなかったどこの店に行こう…と、あちこち出歩く必要がないという理由。
飲食店街で、あちらの店に行っては「満席です」と断られ、こちらの店に行っては…と、キョロキョロしているお金持ちはあまりいません。

続いて単に並ぶのが嫌いなタイプ。これは前述のせっかちさんに多いです。ですがお金持ちの全てが当てはまるかというとそうでもなく、単純に性格による、と言える範囲でしょうか。
勿論せっかちさんもそれ以外のお金持ちも、さすがにオフィス外では「僕はお金持ちで忙しいんだから!」と急かしたりはしていません(常識的に当たり前?)。ランチタイムの混雑では、大人しく部下と一緒に列に並んでいたりもします。

次に効率的なタイプ。お金持ちで忙しいから時間をうまく使えるようにということで常に意識しているのか、時間の使い方がうまいからお金持ちになれたのか、どちらが先かは分かりませんが、予約しておいた方が合理的だからという理由で決めるタイプ。
忙しい系と被る部分もありますが、この手の方は忙しくなくても合理的に物事を進めようとしますので、一応分けてみました。

また秘書さんや奥さんに全てのスケジュールを管理されている気の毒な(?)お金持ちもたまにいます。会社のスケジュールにはプライベートな飲み会予定まで書かれていて、完全プライベートはわずかな空白のみ、なんて方は、把握する側の意図もあって常に連絡が取れるように、見えない紐で繋がれています。
これも忙しい系の延長ではありますが、飲み会の席でもお店に仕事の電話が来たりね。たまに秘書さんを指して「向こうの方が偉い。僕は使われてるだけ」と愚痴っているお金持ちもいます…。

続いてお金持ちは予約が必要なタイプの店に行くから、おのずと予約が多くなるという理由も。
一人のプライベートでは定食屋やお蕎麦屋さんなどに行くという方も多いですが、お金持ちになるとお客さん、部下や、色々な人を招く側になる。そのためある程度の格のある店を選ぶ。その手の店に行くためには、必然的に予約が必要になり、何かと予約する機会が増える、ということです。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...