◆ 成功するのも生活習慣

前回何をしたらいいのか分からない?で、お金持ちにはなりたいけど、何をしたらいいのか分からないというサラリーマンの話を書きましたが、全く別の話をしていた時にヒントになる話題が出たので、補足しておきます。それは生活習慣病の話でしたが。。。

日本人の3大死因のがんや心臓病、脳梗塞・脳出血などは生活習慣病であるとも言われていますが、これは日々の生活のバランスが悪いことで病気になる。暴飲暴食やストレスや運動不足、不摂生など。こんなの当たり前すぎる話で今更ですが、分かっていてもついつい、おやつやお酒に手が出たり、ストレスを溜めてしまったり…。

で、今回のポイントはそこではなくて「生活習慣病は悪い生活の積み重ね」と誰でも分かっているというところです。煙草を吸う人も、これが病気の原因になるだろう、と思いつつも止められない。こちらも止められない点ではなく、「今の行いが結果に繋がると認識している」という点がポイントなので責めはしません。

でも成功の場合は、これが認識されない。

前回のサラリーマンは、お金持ちになりたいけど、今のままじゃ駄目なのは分かってる。でも何していいか分からない。お金持ちになった自分と今の自分が繋がっていないわけです。資格を取って給料が上がっても、お金持ちになったというほどじゃない。だからやる気にならない。

そうして漠然と、「成功した全く別の自分」が来るのを待っている。

心理学などではダイエットに失敗する理由として、いきなり別人になりたがる、のが原因とよく言われています。絶食などの無茶なダイエットは、確かに一時的に痩せはするものの、痩せた自分が今の自分の先にいると想像できないから、痩せた途端に太っていた時と同じ生活に戻してリバウンドする。体質的にも無茶をすると太りやすくなったりするそうで尚更太ってしまう。

正しいダイエットは、まず成功するイメージ(痩せてきれいになった自分)を作って、それに近づくために、毎日の努力をする。食べるのを減らして運動するだとか、プログラムを続ける。成功したら今度は、維持する自分のイメージを作って、リバウンドしない生活を続ける。――生活習慣を作る、ということ。

男性の場合は、ウエイトトレーニングなどを想像すると分かりやすいでしょうか。今はヒョロヒョロでも、トレーニングをして食事に気を使えば、数ヶ月から数年でムキムキの身体になる。でもそうなった後も維持を続けないと、今度は脂肪になってしまう。

成功するのも応用で、今の自分が、成功するための日々のメニューをひとつずつこなして、その先のゴールに辿り着く。コツコツの積み重ねです。ある日突然「別人」になるわけではないのです。

でもダイエットやウエイトトレーニングとは違って、お金持ちになるとか成功するというのは、必ず結果が出るとは限らない。そういうこともあって「どうせ駄目だ」と何もしないまま、「別人」になれるのを待っているだけという人も多いのかもしれません。

ですがそれだとますます叶わない。どうしてかというと、自分と成功が繋がっていないからです。今の自分でない、別の人間を待っているということは、裏を返したら自分では成功できない、と認めていることになる。自分じゃなくて成功するのは別人ですと、無意識にそういう暗示をかけているということ。

だからいつまでたっても、叶わない状態に身を置くことになる。

一方で足を踏み出した人は、自分が変わるために意識して行動している。未来の自分を変えようという意志があって、実際に行動している。未来と今が繋がっているから、今はゴールが目に見えなくても、いずれ積み重ねが結果に繋がる。はず。

不摂生や悪い生活パターンの時ほど、後ろめたさもあって、今の積み重ねを意識する機会は多いかと思いますが、むしろ成功に向けて努力している時こそ、今のこの努力が未来の自分の成功に繋がるはずと、それをイメージして暗示をかけるべし!ますますやる気になるでしょうし、きっとうまく行きます。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...