◆ 何をしたらいいのか分からない?

夢を叶える方法でも、前回の私がお金持ちになる方法でも、当たり前のように、その道を突き進めとお金持ちは言っています。夢や目的のある人は、それを聞いて何らかの行動に移していると思います。私も今はまだ書けませんが、お金持ちになるべく続けていることがあります。勿論真っ当なことです。

ですがその話を聞いたサラリーマンのとある男性が「夢もないし、何していいか分からない」とボソッと一言。毎日続けろって、仕事はやってるけど、これでお金持ちになれる気しないし。かといってどうしたらいいか分からないし。

おい、そこから聞くんですか、と正直びっくりしました。お金持ちになるためにはこれをしなさいっていうのはないと、前回のお金持ちは言ってました。実際にこれをしたら儲かるよってうまい儲け話は大体詐欺とかだったりします。

ネットの世界でもそういった怪しい情報は売ってますし、うちにも見知らぬマルチの人から電話の勧誘がかかってきたこともあります。こういうので儲かるのは、話を持ち出してきた人のほう。もしくは自分が儲けるために誰かを巻き添えにする必要がある。カモがカモを釣る世界です。

投資話もある意味同じ。真っ当な投資でも損して当たり前の世界だから、いいこと書いていても隅っこに小さく「投資元本を割り込むおそれがあります」とリスクについて書いてある。
また投資で儲けてテレビに出ているような人でも損はしています。損より儲けの方が多いから「トータルで」勝っている。「絶対はない」世界です。これを絶対というのは相手をカモにしようとしている人くらい。

ですので普通にお金持ちを目指すなら、お金が降ってくるのを願うか、真っ当な世界で成功する必要がある。成功したお金持ちが教えてくれて、ここにも書いているのは、後者の真っ当な世界で成功した体験とか、自分はこうしたという話です。たまに玉の輿とか生まれながらのお金が降ってきたパターンも書いてますが。

「自分は他の人より優れた点とかないし、何か夢があるわけでもないし」「でも(漠然と)お金持ちになりたい」と、先ほどの男性は言っていました。困って私もお金持ちに聞いてみましたよ。こんなこと言ってる人がいるんですけど――?

お金持ちも笑っていました。手取り足取りのマニュアルなんてないよ。あったら苦労してないよ、だそうで。

学校の先生とか親だったら、君は○○に向いてるから、何をしたらいいよって言えるかもしれないけどね、大人になったら自分で考えないといけない。お金持ちになるために自分が何をしたらいいのか分からないんなら、まずそれを考える。今の生活に何を加えたら、どんなお金持ちになれるのか。そういうのを書いて片っ端から試してみればいいんじゃないかな、だそうでした。

つまり、「○○で成功する」「△△で成功する」などとまずはお金持ちになるための方法を書き出して、その下に「具体的に自分は何をするか」を羅列する。そうしたらそれをひとつずつ「試してみる」。このくり返しが、お金持ちになるための努力になる。

・お金持ちになる方法は――宝くじで当選する。
  そのために――宝くじを買う。神棚に置いて祈る。


こんな感じだそうです。お金持ちは棚ボタはどうかと言ってましたが、一方でまあこれも当たる可能性を買ったわけだから、何もしないよりは前進かなと、半分前向きなコメントも頂きました。

ただし棚ボタばかり羅列しても「成長してない」から、結果が出たところでリセットされる。積み重ねても確率は同じまま。それが成功に繋がるかは分からないね、だそうです。くじは初めて買う人も、十回二十回買ってるベテランも当たる確率は同じ。経験が当たりに繋がるわけじゃないということ。
くじ以外のギャンブルなどは、経験によって判断できるものもあるらしいので、それは努力になるのかな?

お金持ちが言うには、棚ボタも交えつつ、資格なり独立のお金を貯めるなり、自分にできる一歩一歩を踏み出していくのがいいと思うよ、だそうです。前回の話同様に「ひとつに決めずに、思ったこと全部試してみれば向いてるのが分かるかも」と言ってました。何が当たるか分からないから色々試行錯誤するというわけです。

私も上に書いたように続けていることはありますが、それと並行して、株でカモになったり、真っ当な範囲で色々と試行錯誤はしています。何かが引っかかればいいなという気持ちで。

何をしたらいいのか分からない人は、まず何をしたら自分はお金持ちになれると思うかを考えてみる。そしてそれを試してみる。成長は積み重ねなので、行動するだけ前進したと前向きに!






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...