◆ 夢を叶える方法 2

前々回に、とある漫画家さんや税理士さんなどに聞いた話を元に、「夢を叶える方法」を書きましたが、それの補足をひとつ。

夢を叶えるには変化の覚悟を持つこと。本当に叶ってもいいと受け入れること。

これは税理士さんのお言葉でした。

どういうこと?
「いつか夢を叶えたいんだ~」と言うだけで実行しなければ、一生言って夢見てるだけ。叶えたいなら毎日少しずつでも前に進むべし、実行に移すべし。――それが前回でした。

今回はそれプラス、「叶った後のものになってもいいと覚悟を決める」ことが、夢を叶えるには大切との付け足しでした。

意識せずに「夢を叶えるんだ」と実行してあっさり叶ってしまった人には、今回の話はピンと来ないかもしれません。けれど「夢を叶えるんだ」と実行してみても何度も失敗したり挫折したり、あれやこれやと心配性の人には当てはまると思います。

失敗が続くと不安になって、本当にこの夢は叶っていいのか?と迷いができる。今の生活を変えること、何かが変わることが怖くなったりする。それで無意識にブレーキがかかる。

「やっぱり今の平凡な生活が幸せなんだな~」
夢が途方もないほど、そうあきらめる人が多いのもこの心理かな。

でも夢を叶えたいのなら、叶った後の自分を受け入れる。夢が叶った後の生活、人生の覚悟を決める。

夢を叶える方法
税理士さんの場合、勿論、夢が叶った後の生活は税理士として働くことだったそうです。
税理士試験は、科目ごとの試験があり(条件によっては科目免除などがあるらしいですが)基本は五科目取れば合格だそうです。必須科目だとか難易度だとか、色々詳しい話も聞きましたがその辺は省略。でも一度に全科目受かるような天才はなかなかいなくて、毎年、何科目かずつコツコツ合格して取っていくみたい。

この先生も働きながらの受験だったわけですが、試験は年一度。何年もかかってのことでした。家族からは、「そんなことより今の会社で出世すること考えれば?」と言われたりもしていたそうです。「受かったら仕事辞めて独立する気?」と心配されたとも言ってしました。

試験に受かってもすぐに「税理士」を名乗れるわけじゃないらしく、2年の実務経験が必要だというのも初めて聞きました。この方は合格後、他の税理士事務所に勤め、今は独立したとのこと。今は事務所の人も増えて儲かって、お金持ちの仲間入りです。

けれど当時は家族からは「仕事を辞めて下積みからまたやるの?その後に独立されても、クライアントもイチから探してくるんだよ?税理士さんなんてたくさんいるし、世の中そんな甘くないし」と厳しい見方をされていたよう。

「士業なんだし受かれば儲かるんじゃないの?」と単純な私などは考えましたが、独立したからお客さんが来るわけでは勿論なくて、今時はなかなか難しいみたいですね…。

でもこの方は家族に言われてもぶれずに、税理士になった場合の覚悟も決めた。夢を叶えるぞと努力して、夢が叶った場合に人生が変わる覚悟も決めた。今持っている仕事とか、肩書きとかも捨てる覚悟があった。結果的にはそれで成功できた。

まあ、「今あるものを捨てろ」なんて大仰ですが、実際これが大切とこの方は言っていました。

例えばダイエットでも同じ。「私本当に痩せるのかな?」と半信半疑でダイエットしていて、痩せた自分がイメージできないと成功しづらい。順調に痩せていたはずが、痩せてしまった自分が途中で怖くなって、食べてリバウンドしてしまったり。一方、「痩せるんだ」と決めて、痩せた後の自分をイメージして受け入れれば、いざそうなっても怖くない。

イメージの本などでよく言う、「叶った後の自分をイメージしましょう」というのはもしかしたら、この「覚悟を決める」ということかもしれません。

夢を叶えたかったら、叶うまで実行すべし。
そして、夢が叶った後の人生を自分に認めること。

これが税理士先生に言われた補足でした。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...