◆ お金持ちはお金を追わない

潜在意識や自己暗示、イメージなどの本などでは、手に入れたかったらそれが実在するかのようにイメージしなさい、なんて言います。お金持ちになりたければ、お金お金お金お金お金お金…とお金をイメージして、実際に札束が目の前にあるかのように振る舞ってみようということでしょうか。

素直な私はそれに倣って、またもや脳内に札束風呂を浮かべつつ、お金がいっぱーいなんて考えてみたりしましたが、札束はなかなか降って来ないものですな。。。

まあ、お金が空から降ってくるような棚ボタ系の奇跡を願うのなら、上記の方法でいいのでしょうが、正攻法で考えると、お金持ちになるためにすべきことはお金を追うことではないようです。

一般的には、お金はあくまでも「報酬」です。
なので、どうやってそれを手に入れるか、そちらの方が重要と。

お金持ちになりたければ、お金持ちになれるだけの報酬をゲットする仕組みを考えよ。

言うは簡単ですが実際は難しい。私もほとんどの人も、お金持ちとまでは行かずに、生活のための給料を稼ぐので精いっぱいだったりしますから。

ちなみにここで、投資家や銀行やディーラーや、お金自体を扱っている人もいますが、それも「お金を元にお金を増やす」仕事の結果が報酬ですので、直接お金を追っているわけではないのです。

やっぱりこうやって考えて自分の限界や現実を照らし合わせると、今の生活でいっぱいなの?――とがっかりしたりするのが庶民ですが、お金持ちはその先が違うようです。

人より働くとか、今とは別のことをするとか、発明するとか、開発するとか……。
とにかく普通より+αの何かがある。「何か」を生み出して、その「報酬」としてお金持ちになっています。

雑誌などでは「好きなことをしていたら」などと答える成功したお金持ちのインタビュー記事などをよく見ますが、それはある意味では結果論でしょうか。

好きなことだったから成功するまで続いたと。

まあ中には嫌々続けて成功した人もいるでしょうし、この辺は卵が先か鶏が先かみたいな話になるので多くは語りませんが、とにかく世の成功者はお金を直接生み出してお金持ちになったわけではなく、お金持ちになれるだけの「報酬を受け取れる何か」で人より抜きん出たわけです。

好きなことをしていたら叶った人は、その好きなことが「何か」に合致したか、好きなことを叶うまで続けられた「根気」が「何か」に繋がったかでしょうか。

人の経験談を聞いて自分に当てはめてみると――、「何か」は今の生活の仕事や趣味の延長かもしれないし、全く未知のものかもしれない。とにかくお金持ちになりたければその「何か」を見つけよ、と。上に書いたように言うは簡単、ですけどね…。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...