◆ お金持ちになった自分

お金持ちになるには、お金持ちになった時の自分をイメージしましょう。

潜在意識やイメージ法などの本でよく言われていることです。お金持ちになったつもりで生活する。お金持ちの意識になる。そうすれば現実が引き寄せられるのです、とか。

うーん、お金持ちになった自分?広い豪華な家に住んで、外車や宝石やブランド品や、好きなものを思いつくままに買いまくったり、場合によっては美男美女なんかをはべらせて、片手にワイングラスなんか持ってみたりして?やっぱり札束風呂?……と、段々と怪しげな広告みたいになっていますが、言われてもお金持ちの自分をイメージするって難しい!私の想像力が貧困なせいもありますが、だってまだお金持ちじゃないし!

お金持ちになるにはイメージすべし。よく言うけれどこれは落とし穴!

お金持ちになった自分を想像できなければ、お金持ちになれない。
裏返すとこういうことだから。

どういうことかって?イメージがうまくできないとお金持ちになれないみたいに自分で決めつけて、強迫観念に駆られてしまうということ。まあ実際、「お金持ちになった自分を許可してあげられなければ、お金持ちにはなれません」とそこまで言い切っている本などもありますもんね。

真面目な人ほどハマります。お金持ちの自分をイメージしなさいと書かれているから、一生懸命イメージしようとする。無理に考えてなんか違うなとずれていく。自分の好みじゃないイメージを思い浮かべちゃったりして、望んでいないよと思ったりもしたり。みんながみんな美女と札束風呂が欲しいわけじゃないですからね。

そうしているうちに、やっぱりお金持ちは自分違う世界だなと結論づけてしまったり、イメージの限界に行きづまって、だってお金持ちじゃないもん無理だよねーと、現実を再確認するだけの結果になってしまう。

潜在意識やイメージの本的に言えば、できない現実を引き寄せてしまうと、そんなところでしょうか。現実に打ちのめされて無力感が増幅する、みたいな。

なので力を入れては駄目です。実際のお金持ちは、そんなこと思う前からお金持ちだったりします。生まれた時から資産家だったとか、偶然宝くじに当たったとか、株や仕事で成功したとか……。まあ、絶対にお金持ちになるぞ!と心に決めて叶えた人も勿論いるでしょうが、札束風呂を連想してその夢を叶えた人よりは、何も考えず気負わなかったお金持ちの方が多いはず。

お金持ちになるイメージを想像しなさいと言われたら、今度からはそう想像しましょう。

気が付いたらお金持ちになっていた。特別なことは何もしてないのに。


――と、これは実際のお金持ちに言われ、教えてもらったことです。

あくまでも今の自分の延長にお金持ちの未来がある。
だから無理にイメージを捻り上げても、今との差異を意識するだけ。

そう聞かされてなるほどと納得して、早速自分でも気追わないようにしようとは思った単純な私。でも「気が付いたらお金持ちになっていた」のは、まだちょっと未来のことみたい。。。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...