◆ お金で買えないもの

お金持ちはお金で買えないものがあることを知っています。堀江さんは愛はお金で買えると言っていましたが、とりあえずそれに関してはノーコメント。もっと身近で一番なのは、命や健康の方です。

昭和の天皇陛下も癌で亡くなった。日本で一番の治療を受けていても癌には勝てなかった。
庶民の私の父が癌になった時に言った台詞ですが、同じことはお金持ちからも聞かされました。これはお金の有無に関わらず、特に病気になるとしみじみと思うようですね。天皇陛下でなくても、最近だとジョブズさんとか、有名人・お金持ちが病で亡くなった時など。病を前に無力感と共に思うらしい。

お金さえあれば愛でも健康でもなんでも手に入る。持たない者は漠然と思いがちですが、お金持ちには自分が万能ではないと当然ながら分かっている。高度な医療が受けられても、完全に病や死から逃れられるわけではない。病に罹ったら資産の有無は関係ない。地位も名誉があっても同様です。そういう意味では人は平等。

だからこそお金持ちは、自分で操れないものに対して警戒心が強いようです。若いうちは無理をしたり、忙しゆえに体調を崩したりもあるようですが、先を考えるようになると特に、食事やサプリメント運動など、健康に対する情報に目を配って、ある程度の投資をするようになるようです。

勿論、これは本人自身のためだけでなく、周りのためでもあるでしょう。お金持ちやある程度の地位がある人は、社会的にも責任が生じる。社長さんが大事な時に倒れてしまっては困りますから、必然的に健康に気を遣い、時間を割く率が高いというのもあるかもしれません。

いずれにしても庶民も病気や死を恐れますが、もしかしたら守るものが多い故に、お金持ちの方がもっとそれらを畏れているのかもしれません。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...