◆ こころとからだ

体調を崩した時にしみじみ思うこと。
「健康な時には、健康を祈らない」

当たり前?まあ、毎日お祈りや願い事をしてる方は、健康な時から健康祈願をしているかもしれませんが、普通の人は失ってからようやく健康のありがたみに気づくものです。そうして慌てて「早く健康になりますように」と祈る。

つまり普通の人にとっての祈りとは、現状で欠けたものを求める行為。祈ることは、「今はありません」と認めること。
願う行為=不足感。

潜在意識やイメージ、引き寄せだのの手法では「イメージしろ、 願いなさい」というけれど、叶わない・逆効果になる人がいるのは、これのせい。「願う」という行為が、今は叶っていない前提を無意識に納得しているから。実際それを指摘している潜在意識系の本もありますね。

既に叶った状態を想像しなさい。

既に持っているものとして行動することで、その現実を引き寄せる。お金持ちになりたいというのが願いなら、お金持ちになった状況になり切ることで、それが普通である状態に近づく。

お金を持っていて当然の状態がお金持ちの平常。つまり健康な時。だから真似して常にお金があって、お金持ちだと思って、お金持ちのように振る舞えば、お金持ちに近づける。

また運悪く健康を損ねてお願いするにしても、お金持ちは既にお金を持っているので、「大金が入りますように」なんてことは祈らない。今あるお金を防衛すること、増やすことを願うはず。
なのでお金持ちになり切って「今の財産がより増えますように」というのが正しいお願い方法。

つまりは今、既にあって、今後はそれを元にもっともっと増えるぞと思って、お金持ちになり切るのことが、正しいお金持ちへの道…?!でしょうか。健康なお金持ちになりたいものです。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...