◆ 株で生活

お金持ちというと、土地や株を持っているイメージ。お金持ちだから持っているのか、持っているからお金持ちなのかは、卵が先か鶏が先かに似ていますが、土地に関しては、相続やそれなりにお金があるから持っている、というのが正しいでしょうか。お金がないと手に入らない。一方の株は数千円から買えることもあり、お金持ちである必要はなし。むしろ株やFXはお金持ちになるためのひとつの方法だったりします。

勿論、失敗すればマイナスになるギャンブル性もあり、私のように塩漬けする人も多いわけではありますが…、成功している人もいる、そんな例のひとつを。

その人は株で生活している人で、以前勤めていた会社の同僚の親戚でした。 もう50才を過ぎていて、内縁の奥さんと生活していて、働く代わりに自宅で株式投資。配当金で生活費をまかない、中期的な売買で儲けて種銭を増やしていくというパターンだそうです。

ここまで来るには長年のコツコツがあり、サラリーマンだった頃に毎月20万ずつ欠かさず証券口座に入れて種銭を増やして行って、更に投資で儲けて、一本で行けると確信できたところで、いよいよ脱サラしたそうです。ひとつの目的に向けて、努力したと言えるでしょうか。

ただし億はあるようですが、配当金で生活費を出すために自由に使えるわけではなさそう。それにもしも東電のような株を買っていたら、震災後にはだいぶ資産も目減りしているだろうし、原発問題で株価は暴落、配当どころではなくなっていると、そんなリスクもあります。

そういう意味では、好きなものをバンバン買って贅沢して…と、イメージする億万長者とは違うという人もいるかもしれません。でも、働かずに生活できるのは羨ましい。

けれど興味深かったのは、全く株や投資に興味のない同僚自身はおじさんのことを怪訝な感じで見ているようで、「どこが羨ましいのか分からない」そうでした。けれど、おじさんのお金には期待していて、何かあったら分け前を貰えると当然のように思っていた。

お金持ちの身内がいる場合の典型例みたいな話です。ついでにお金持ちで働いていない人――よく分からない暮らしをしている人への一般的な評価もこんな感じかなと思ったりしました。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...